2016/10/30

婚活サービスで恋人を作るコツとは? 「あきらめない姿勢」「行動力」「計画性」がキーワード

◆婚活サービスを通じて恋人ができた人は、「あきらめない姿勢」と「行動力」「計画性」がある割合が高い

 婚活サービス(※1)利用経験のある20代~40代の独身者(※2)を対象に調査したところ、婚活サービスを通じて恋人ができた割合は29.3%で、 約3人に1人は結婚に向けた第一段階をクリアしていました。  では、婚活サービスで恋人ができた人とできない人の違いはどこにあるのでしょうか。婚活サービス利用者の「志向性」について調査しました。
(※1)婚活サービス:結婚相談所、婚活サイト・アプリ、恋活サイト・アプリ、婚活パーティ・イベントの4サービス
(※2)独身者:結婚経験のない未婚者および結婚経験のある(死別・離別の)現在未婚者

【自分自身の価値観・志向性 婚活サービスを通じて恋人ができた人の方が大きい上位3項目(婚活サービス利用経験のある20~40代独身者)】

「一度始めたことは最後までやり通す方だ」
 恋人ができた:51.3%/恋人ができなかった:42.2%(9.1ポイント差)
「決めたことは即実行する」
 恋人ができた:45.4%/恋人ができなかった:36.9%(8.5ポイント差)
「計画やスケジュールは綿密に立てる方である」
 恋人ができた:48.0%/恋人ができなかった:39.9%(8.0ポイント差)

 婚活サービスを通じて恋人ができた人の志向性をみると、恋人ができなかった人と比較し、「一度始めたことは最後までやり通す方だ」「決めたことは即実行する」 「計画やスケジュールは綿密に立てる方である」割合が高いことがみてとれます。
 婚活サービスを通じて恋人ができる人は比較的「あきらめない姿勢」「行動力」と「計画性」があるタイプであるようです。
 一方で、「思わず衝動買いをしてしまうことが多い」割合においては、恋人ができた人(32.4%)は恋人ができなかった人(37.5%)よりも低く、 消費行動からも「計画性」があることがみてとれます。
 

 婚活サービスで恋人を作るためには、なんとなく婚活サービスを利用するのではなく、結婚に向けてのゴールや期間を決め、計画的に行動を起こし、 何よりあきらめない姿勢で取り組むことがポイントなのかもしれません。

※婚活実態調査2016(リクルートブライダル総研調べ)



結婚相談所 東京 フォリパートナーサイトへ



無料相談、カウンセリングご予約は下記「CONTACT」ボタンより受け付けております。


無料相談ボタン



2016/10/30

【結婚総合意識調査2016】リリース発表!

◆結婚式(※)の実施率(※※)は68.0%
◆結婚すると男性は「経済的安定」、女性は「時間的余裕」が生まれると考える割合が増加。結婚生活で得られることに変化の兆し
※結婚式とは、挙式または披露宴・披露パーティ
※※実施率:「実施した」+「これから実施する予定(時期・内容ほぼ決定)」
<結婚式の実施率>
結婚式の実施率は68.0%
✔ 挙式と披露宴・披露パーティ両方の実施率:57.7%、挙式のみ実施率:9.3%、披露宴・披露パーティのみ実施率:1.0%で68.0%が結婚式を実施。
✔ 挙式の実施率は67.0%。披露宴・披露パーティの実施率は58.7%。

「20代」の披露宴・披露パーティの実施率が増加
✔ 年代別挙式実施率:20代 75.5%(2015年調査 74.3%⇒1.2ポイント増加)
✔ 年代別披露宴・披露パーティ実施率:20代 70.1%(2015年調査 67.2%⇒2.9ポイント増加)

「再婚層」「妊娠層」の挙式の実施率は約4割
✔ 初再婚別挙式実施率:どちらか一方または両方再婚 44.7%、披露宴・披露パーティ実施率:(同)35.0%
✔ 妊娠状況別挙式実施率:(結婚を決めた当時)妊娠していた 39.7%、披露宴・披露パーティ実施率:(同)38.5%


<結婚式に対する考え方>
結婚式に対する考え方において、披露宴・披露パーティ実施者は「素敵」「感動」「親孝行」が高く、非実施者は「面倒」「お金がもったいない」が高い
✔ 結婚式に対する考え方において、披露宴・披露パーティ実施者の上位3項目は「素敵だ」「感動する」「行うことは、親孝行になる」
✔ 結婚式に対する考え方において、披露宴・披露パーティ非実施者の上位3項目は「段取りや準備は面倒」「招待客として誰を呼ぶ・呼ばないの線引き(選択)することが面倒だ」「お金がもったいない」

<結婚後の生活の変化>
結婚すると男性は「経済的安定」、女性は「時間的余裕」が生まれると考える割合が増加
✔男性の結婚してどのように生活が変化したかにおいて、前年調査と比較し増加が大きい上位3項目は「経済的に安定する」「やりたいことが自由にできる」「親戚づきあいなどが増えて面倒だ」
✔女性の結婚してどのように生活が変化したかにおいて、前年調査と比較し増加が大きい上位3項目は「やりたいことが自由にできる」「子育てに苦労する」 「やりたい仕事ができる」

※結婚総合意識調査2016(リクルートブライダル総研調べ)




結婚相談所 東京 フォリパートナーサイトへ



無料相談、カウンセリングご予約は下記「CONTACT」ボタンより受け付けております。


無料相談ボタン



2016/10/30

後期離婚になるほど、男性が離婚を望んだ割合が低下する

◆後期離婚(結婚期間20年以上)になるほど、男性が離婚を望んだ割合が低下

 後期離婚をする夫婦とはどのような特徴があるのでしょうか。「離婚に関する調査2016」にて、全国の20~60代の男女に対し、「離婚に対する考え方」や「結婚生活」について調査しました。


【離婚当時、夫婦のどちらが離婚を望んでいたか(20~60代離婚者/男女・結婚期間別)】
(男性)
 ・早期離婚(結婚期間1年~5年)自分の意思で離婚を望んだ割合:60.9%(自分自身が望んでいた:35.3%+両方望んでいた:25.6%)/ 相手が望んでいた:39.1%
 ・中期離婚(結婚期間6年~19年)自分の意思で離婚を望んだ割合:57.1%(自分自身が望んでいた:31.8%+両方望んでいた:25.3%)/ 相手が望んでいた:42.9%
 ・後期離婚(結婚期間20年以上)自分の意思で離婚を望んだ割合:45.7%(自分自身が望んでいた:14.9%+両方望んでいた:30.9%)/ 相手が望んでいた:54.3%

(女性)
 ・早期離婚(結婚期間1年~5年)自分の意思で離婚を望んだ割合:82.0%(自分自身が望んでいた:64.1%+両方望んでいた:18.0%)/ 相手が望んでいた:18.0%
 ・中期離婚(結婚期間6年~19年)自分の意思で離婚を望んだ割合:82.4%(自分自身が望んでいた:63.6%+両方望んでいた:18.8%)/ 相手が望んでいた:17.6%
 ・後期離婚(結婚期間20年以上)自分の意思で離婚を望んだ割合:87.9%(自分自身が望んでいた:65.5%+両方望んでいた:22.4%)/ 相手が望んでいた:12.1%

(自分の意思で離婚を望んだ割合の男女ギャップ)
 ・早期離婚(結婚期間1年~5年):21.1ポイント
 ・中期離婚(結婚期間6年~19年):25.3ポイント  
 ・後期離婚(結婚期間20年以上):42.2ポイント


【別居や離婚を考え始めたきっかけ 上位3項目(20~60代離婚男性/結婚期間別)】
 ・夫婦の会話が無い:男性全体 33.8%/早期離婚(結婚期間1年~5年) 31.6%/中期離婚(結婚期間6年~19年)30.9%/後期離婚(結婚期間20年以上):41.5%
 ・相手に離婚をほのめかされた:男性全体 31.2%/早期離婚(結婚期間1年~5年) 28.6%/中期離婚(結婚期間6年~19年)28.3%/後期離婚(結婚期間20年以上):37.2%
 ・時間の擦れ違い:男性全体 23.0%/早期離婚(結婚期間1年~5年) 24.8%/中期離婚(結婚期間6年~19年)23.2%/後期離婚(結婚期間20年以上):21.3%

 離婚当時、自分の意思で離婚を望んだ割合をみると、男性よりも女性の方が高く、結婚期間が長くなるほど、男性から望む割合は低下する一方で、女性の割合はあまり変化がなく、 ギャップが大きくなっていることがみてとれます。
 また、男性の別居や離婚を考え始めたきっかけをみると、「相手に離婚をほのめかされた」が2番目に高く、結婚期間が長くなるほど、その割合が高くなっていることがわかりました。
 結婚生活の後期に離婚する夫婦は、早期離婚の夫婦よりも女性の意思が強く影響しているようです。


◆後期離婚(結婚期間20年以上)の男性は早期離婚(結婚期間1年~5年)の男性よりも家庭に対して「愛着」や「責任感」を持つ割合が高い

 ではなぜ、後期離婚をした男性は、自分の意思での離婚が減少するのでしょうか。
【家庭に対する考え方 上位3項目(20~60代離婚男性/結婚期間別)】
 ・家庭は心の安らぎや安心感が得られる場である:男性全体 57.0%/早期離婚(結婚期間1年~5年) 55.6%/中期離婚(結婚期間6年~19年)55.4%/後期離婚(結婚期間20年以上):59.6%
 ・家庭は愛する人と共に生きる場である:男性全体 58.4%/早期離婚(結婚期間1年~5年) 54.1%/中期離婚(結婚期間6年~19年)59.7%/後期離婚(結婚期間20年以上):61.7%  
 ・家庭は大切なものとして、努力して自ら守っていく場である:男性全体 55.4%/早期離婚(結婚期間1年~5年) 52.6%/中期離婚(結婚期間6年~19年)56.7%/後期離婚(結婚期間20年以上):54.3%

 離婚男性の家庭に対する考え方をみると、後期離婚の男性は、早期離婚の男性よりも「安心感が得られる場である」「愛する人と共に生きる場である」 「自ら守っていく場である」 と考える割合が高いことがわかりました。
 男性は、結婚生活を続ける中で、家庭に対しての責任感や愛着を持ち始め、離婚をする意思が低下しているのかもしれません。

※離婚に関する調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」



結婚相談所 東京 フォリパートナーサイトへ



無料相談、カウンセリングご予約は下記「CONTACT」ボタンより受け付けております。


無料相談ボタン





ビーチウェディングで向かい合う新郎新婦

2016/10/28

新規ご入会者の急増

結婚相談所 東京 フォリパートナーです。

毎年ですが、年末年始にかけては結婚相談所へのお問い合わせやご相談、ご入会する方が多くなる傾向があります。

年末年始はイベントが多いことや新しい年を迎えるにあたり、結婚という目標を立てる方が多いようです。

結婚相談所 東京 フォリパートナーでも10月に入り、結婚相談やご入会者が急増しております。

婚活をお考えの方や新しい婚活方法をご検討されている方は是非、ご相談ください!

引き続き、宜しくお願い致します。



結婚相談所 東京 フォリパートナーサイトへ



無料相談、カウンセリングご予約は下記「CONTACT」ボタンより受け付けております。


無料相談ボタン






pricePr

2016/10/22

新規の方はメールのみの受付となります。

結婚相談所 フォリパートナーです。

現在、大変多くのお問い合わせ、ご予約を頂いておりましてお電話が繋がりにくくなっております。
そのため、一時的ではございますが、新規のお問い合わせ、ご予約はWEBフォーマットかメールのみの受付とさせていただきます。

引き続き、宜しくお願い致します。

  • 結婚相談所が初めての方へ
  • 結婚相談所の入会から成婚まで
  • 結婚相談所への入会を迷われている方へ
  • 他の結婚相談所をご利用されたことがある方へ
  • よくある質問
  • 親御様へ
  • 企業のご担当者様へ結
  • 既会員様属性とご紹介